山城一覧

スポンサーリンク

洲本城 | 石垣や土塁の遺構だけでなく特徴的な日本最古の模擬天守も見どころのひとつ

室町時代の後期に三好氏の重臣である安宅(あたぎ)氏が築城したとされる洲本城(すもとじょう)。続日本100名城164番。三熊山という小高い山の頂上に本丸や天守跡がある。標高は133mであり山城の中では低い部類に入るが、景観は非常に良い。天守周辺からの眺めは淡路島百景や洲本八景にも指定されている景観である

小島城(美濃) | 天空の茶畑でプチ登山したついでに付近の城址も攻略すべし

日本のマチュピチュと呼ばれる「天空の城」は武田城をはじめとし備中松山城や越前大野城などが有名だが、岐阜県に「天空の茶畑」という場所がある。そこから車で10分の距離の場所にある小島城(おじまじょう)。遺構はほとんどなく、案内看板等も消えかかっている状態ではあるが、逆にそれがリアル。

竹田城 | 日本のマチュピチュと呼ばれる天空の城は石垣好きにはたまらない完存遺構

天空の城と言われる城は、日本各地に存在する。有名なところで言うならば、岡山県の備中松山城、岐阜県の岩村城、奈良県の高取城を思い浮かべるが、国の史跡に指定されている竹田城の規模は圧巻。日本100名城56番。石垣は穴太衆が積み上げた穴太積みである。野面積みであるが、表面がきれいに整っている

井伊谷城 | 大河ドラマ「おんな城主・直虎」の放送にあわせ整備された城郭

大河ドラマ「おんな城主・直虎」により有名になり、誰もが読み間違いをすることがなくなったであろう井伊谷(いいのや)だが、私は当初、(いいだに)だと思い込んでいた。地名や歴史上の人物、城名などは思い込みで読まず、しっかり調べるべきだと再度認識したのである。井伊谷は直虎や虎松がここで生まれ育った地である

スポンサーリンク