一覧

古渡城 | 14年で廃城となった織田信秀が居城とした城は隣接の公園内が有力か

542年頃、織田信長の父である織田信秀が熱田(現名古屋市熱田区)を掌握し今川に備えるために築城したとされる古渡城(ふるわたりじょう)。隣接する下茶屋公園内の外周は土塁のような作りとなっており、その隣には大きな道路が走っている。公園内に城があり、周りは大きな堀であった可能性が何となく想像できる。

真田丸出城 | 大坂冬の陣にて真田信繁が徳川方と戦った舞台は歴史を偲ぶに最高の場所

NHKの大河ドラマにて一躍有名となった真田丸。400年以上も前に取り壊されたことから詳細や真意は誰もわからないのは仕方がないことであるが、実際に現地を訪れてみるとこの場所に真田丸という砦が築かれていたことが予測できるような地形であり、悲劇の戦いであったが戦国のロマンを感じることができる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク