自動車運転免許を取得するには一発(直接)試験がおすすめ

こんにちは、かずやんこ(kazuyanko)です。
今回は、自動車免許の一発試験(直接試験)について。

自動車学校 ↑
免許を取得するには様々な車種が揃った自動車学校へ行くのが通例だ

自動車学校へ行かずに免許を安く取得する方法

自動車免許を取得するには、最寄りの自動車学校へ通うか、地方の自動車学校へ合宿に行き、実地試験が免除された状態で地域の運転免許センターへ免許を発行に行くのが一般的な流れである。

自動車教習所2 ↑
自動車学校のコースを完璧に走行するのもある意味技術が必要

しかし、公安委員会指定の自動車学校であっても、民間の一企業であるため、学科授業や実技訓練を行うにもそれ相当の金額がかかるのである。

高額な自動車学校の授業料の為に免許取得を躊躇

免許が全く無い状態で普通免許を取得する場合、30万円ほど。普通免許があっても大型免許を取得するには25万円ほど。さらには二種免許やけん引、大型特殊など、何を取得するにも高額な支払いを覚悟しなければならない。

この高額支払いがネックとなり、最近では運転免許を取得しない若者が増えてきたり、普通免許を持っていても大型や二種などを取得したくても躊躇している方が多いのが実情だ。

では何とか安く免許を取得する方法はないのだろうか。

自動車教習所を卒業せずに免許試験を受ける

前述したように、指定自動車教習所を卒業したら、実技試験が免除されるのがメリットであるが、実技試験の免除を望まないならば教習所に通う必要はないのである。

運転免許試験場1 ↑
運転免許試験場の試験コースと試験車両。奥が試験コースだ

実技試験も学科試験と同様、地域の運転免許試験場にて直接受験すれば良いのだ。この方法ならば高額な自動車教習所の支払いをすることもないし、何十時間という授業を受ける必要がなく、時間の束縛からも解放されるのだ。

自動車学校へ通って取得することを考えたら費用面ではかなり抑えられることがわかる。ただし、一石二鳥、一石三鳥と良い面ばかりではない。費用が抑えられるのはすぐに合格した場合であり、何回も試験に落ちるようなことがあればその都度手数料が発生するし、試験の予約も数週間先となり取得までに期間を要することになるのだ。

運転免許試験場2 ↑
大型二種(バス型)は直接試験の難易度がかなり高い

運転免許試験場にて試験を受けるのはタダではない。普通免許ならば3千円から4千円。二種や大型ならば7千円から8千円ほど試験代が必要となり、本試験が合格した際にも指定自動車学校へ行き、取得時講習を受けなければならなく、普通免許で1万5千円ほど、二種、大型等で2万5千円ほどかかる。

また、取得する免許の種類や新規で取得する場合には、本試験をいきなり受験するのではなく、まず仮免許を取得しなければならない。この仮免許を取得したあと、所定の時間数を免許所持者とともに路上練習を行い、本試験に臨むという流れだ。

仮免許が必要なパターンの例は以下の通りだ。
1.所持免許がなく(取消者含む)普通免許を取得
2.原付免許や二輪免許所持で普通免許を取得
3.普通免許所持で中型(準中型)免許を取得
4.中型免許(8t限定)所持で大型免許を取得

仮免許が必要ないパターンは、普通免許所持者が普通二種免許を取得する場合、大型免許所持者が大型二種免許を取得する場合、自動車免許所持者がけん引免許か大型特殊を取得する場合などだ。

直接(一発)試験の難易度について

仮免許を取得しなければならない煩わしさもそうであるが、一番のネックとも言える部分が試験の難易度だ。自動車教習所は基本的に仮免許試験や卒業試験で落ちるようなことは少ないが、運転免許試験場での直接試験は、基本的に落とされる可能性が非常に高いと言えます。

試験を担当した教官にもよる可能性が高いですが、運転技術がどれだけ高くても、法令を完璧に守った走行と周囲の状況にあわせた走行、教官による指示の実行がスムーズに行えた場合のみにしか合格しないのだ。
自分の中で完璧にこなせたと思っても落とされるケースが多い。

運転免許試験場3 ↑
運転試験場の合格発表風景。大学入試のそれと似ている

ただ、試験の難易度が高いのは当たり前であるのは言うまでもない。合格した後には隣でブレーキを踏んでくれたり危険回避をしてくれるような教官は助手席におらず、一人で運転しなければならないのだ。少しでも危険だと判断された受験者に警察官である試験場の教官がOKを出すはずがないのである。

直接試験についてのまとめ

・費用を格段に抑えることができる
・免許取得にかかる拘束時間が短い
・試験の難易度はかなり高い(特に二種)
・合格した際に取得時講習が必要(対象者)
・試験に落ちた際、再試験の予約がかなり先になる

このように直接試験のメリットは金銭面、デメリットは難易度ということであるが、個人的には直接試験をぜひ受験していただきたい。完全に自己満足の世界ではあるが、一発試験で取得したということはそれだけで免許をお金で購入した教習所メンバーよりはるかに運転技術を自慢できることであるし、効率の良さもアピールできるのではないだろうか。

私が直接試験を受けた際の奮闘エピソードについてはまた記したい。