アサヒスーパードライ ”生ジョッキ缶” 今までの缶ビールとは全く違う泡が凄すぎる

記事をシェア

こんにちは、かずやんこ(kazuyanko)です。

今回は、2021年4月6日に発売となったアサヒビールの新商品について。

スーパードライ生ジョッキ缶

今までの常識を完全に覆す缶詰め方式の開栓方法

スーパードライ生ジョッキ缶2 ↑
左が新商品生ジョッキ缶の開栓部、右が今までの標準的な缶ビール

当初、生ジョッキ缶というフレーズを聞いただけでは全く想像もつかなかった開栓(開封)方法を採用したのが、今回アサヒビールから発売となった缶ビールだ。この生ジョッキ缶は、缶ビールでは日本初となる缶詰めと同じような構造、開封方法にて缶の上部(蓋)が完全にオープンしてしまうというものだ。

この構造により、居酒屋等で冷えたジョッキに生ビールを注いだばかりのようなクリーミーな泡を楽しむことができるのだ。なぜフルオープンにしたらこのような泡が発生するのかは筆者にはよくわからないが、全く振りもせず、開栓した途端にモクモクと溢れんばかりに発生する真っ白なきめ細かい泡を見るだけで飲欲を掻き立てられるのである。

スーパードライ生ジョッキ缶4 ↑
温度により泡の量がもちろん変化するが、缶ビールとは思えない泡の量だ

肝心の味のほうだが、率直な意見は今までのスーパードライ缶ビールと同じだ。だが、ビールたるもの味だけが勝負ではない。のどごしや泡が唇にあたるやわらかい感覚、また炭酸がはじける音やジョッキから溢れだす泡の見た目など成人を迎えた大人だけが知る”おいしさ”が数多くあるのだ。

今までの缶ビールで残念だったのは、上記の重要ポイントである泡が出せなかったことだ。過去、泡を出そうと様々なグッズが景品で付いてきたりしたが、すべてについて言えるのは、「面倒」であった。

それが今回の生ジョッキ缶では、ただ封を開けるだけ。

すでに大人気の様相となっている当商品であるが、間違いなく今年の夏は主役となる商品だろう。アサヒビールの開発者はよほど優秀な人材が揃っているんだろうなと素人ながら感心する。

スーパードライ生ジョッキ缶5 ↑
開け口も怪我をしないよう工夫されており安全だ。ペン立てにも最高(笑)

値段の魅力で発泡酒や第3のビールを愛飲していた私であるが、今後はこの生ジョッキ缶が癖になり、ついつい手にとってしまうのであろう。

記事をシェア

フォローはこちら