MiniTool Partition Wizard | OSの移行からファイル復元、ディスクチェックまでこなす無料マルチソフト

こんにちは、かずやんこ(kazuyanko)です。
今回はWindowsパソコン用のディスク管理ツールについて。

partitionwizard1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンの調子が悪くなったらバックアップの準備を

通常パソコンを使用する際には特に気にすることがないハードディスクの状態であるが、基本的にハードディスクたるものいつかは故障するものである。ここは使用環境により大きく前後するが早いものだと2年、3年でダメになってしまうケースもよくあることだ。

partitionwizard12 ↑
Windows標準の機能であるコンピュータの管理画面

パソコンをハードに使用したり、これに詳しい人であれば、もしHDDが故障等した際にどのように対処するのかを壊れる前から準備をしておく人も多いのではないだろうか。
もちろんパソコンに疎い方も壊れた時に慌てることなく対処できるよう準備しておくことや、知識を入れておくことは一種の保険であり、おすすめしたい。

partitionwizard13 ↑
ハードディスクの中身。通常蓋があり開けられない

パソコン内のデータが入っているハードディスク(HDD)に関しては、完全に壊れて動かなくなってしまう前に変な音が出てきたり、アクセスが遅くなったりして調子がイマイチというような前兆が出ることが多く、この時点ですぐにHDDを新品に換装することを考えれば、パソコンが使えない時期を過ごさずに済む可能性が高い。

リカバリや再インストールについて

問題になってくるのが、再インストールやリカバリを行っても問題ないのかどうかという点であろう。
基本的に昔から変わってないのが、初期状態(購入時の状態)へ戻すことが定番である。WindowsがDSP版(Delivery Service Partner)の場合は、新しい記憶装置を購入してきてそこへ付属のディスク等でインストールを行い、ドライバ等をインストールしてセットアップする。OEM版(ダイレクトOS)の場合には付属のリカバリソフトや、Windowsの標準の機能、Windows10であればMicrosoftが提供している「Media Creation TOOL」等を使って初期状態へ戻すという方法だ。

partitionwizard14 ↑
こちらもWindows標準の機能である復元機能

DSP版はもちろんのことOEM版OSでも今まで蓄積されたデータや設定等はすべて消えてしまうところが非常に面倒なのである。今まで長年に渡り自分が使いやすいように様々なソフトやアプリをインストールしたり設定を加えたりして使っているであろうし、業務で使用していたりする際にはプログラム自体に重要なデータが入っていたりして、プログラム毎に行わなければならないバックアップ作業は数日がかりであったりする。
ソフトウェア的に故障をしている場合にはもちろん何も無い状態(初期状態)に戻すことが重要となるが、ハードディスクの不調が確定している状態のみという不具合であれば、データはそのまま新しい記憶装置へ交換したいと考えるのは普通ではないだろうか。

partitionwizard7 ↑
「MiniTool Partition Wizard」のメニュー画面

しかし、パソコンショップや修理専門業者などに出すという手が真っ先に思いつくのだが、データの復旧に関してはまず保証してくれる店はないだろうし、初期化をしないで修理を受け付けてくれるところはそもそも少ないのだ。

そこでデータに関しては自己責任で自分でやってしまうことが一番の近道で安全だ。もちろん自分で行うにはそれ相当の知識が必要にはなるのだが、そこまで難易度は高くない。
物理的な交換作業については、分解が困難なメーカー製ノートパソコンやモニタ一体型のデスクトップ等でない限り、プラスドライバ1本でできてしまうほど単純な作りだ。
換装作業で一番の問題になるのが、どのようなソフトウェアを使用してコピーし、復元するかということだ。

partitionwizard8 ↑
メイン画面※クリックで拡大画像表示

様々なソフトが世の中には出回っているが、海外のサイトから適当にダウンロードするのは非常に危険だ。特にzipやrarファイルなど、フォルダを圧縮したファイルを落としたりして安易に解凍すると、すぐにウィルスに感染してしまう危険がある。もちろんexeファイルに関しても信頼できないところからのダウンロードは避けたい。

今回無料で使えて信頼性があり、日本語対応で操作は簡単で、動作も軽いソフトウェアがあるのでご紹介したい。

MiniTool Partition Wizardを使ってクローン作製

「MiniTool Partition Wizard」というソフトウェアは聞いたことがあるだろうか。MiniToolという会社はアメリカと香港に拠点を持つソフトウェア会社であるが、ソフトウェアは完全に日本語対応しており、初級者から上級者まで使える様々なバージョンが揃っているソフトウェア(アプリケーション)だ。多くの機能が搭載されているが、一番使用頻度が高いのは上記で述べたように、ハードディスクが故障した際に、WindowsOSを新しい記憶装置に完全コピーする機能でないだろうか。この機能はMiniTool Partition Wizardを使用して完全無料で実現する。

partitionwizard9 ↑
クローン作製画面※クリックで拡大表示

ソフトウェア上では使用方法を調べなくても簡単に操作ができるわかりやすいUI(見た目はWindows10風のタイル形)で、直感的に操作ができ、進行状況もパーセンテージで表示され、誰でもすぐに理解できる。
この手のソフトは動作が非常に重いことが多いのだが、試してみた感じではサクサクと動作し、余計な広告等も少なく快適に作業をこなすことができるツールである。

partitionwizard10 ↑
ファイル復元機能もかなり見やすい

また、間違って消してしまったファイル等を復元してくれる機能が付属していることもありがたい。無料のファイル復元ソフトをネット上からダウンロードしてもロクなソフトが無いからだ。ファイルを復元しようとしてウィルスに感染していては元も子もない。

さらにこのソフトの中にはハードディスクの状態を検査してくれるツールも含まれている。
状態の良い時に検査をしておき、数値をメモしておけば、アクセスが遅くなったと感じた時に数値でチェックできるから便利だ。これにより本当に原因がHDDなのか、またはメモリや他のハードウェアなのかを簡単に切り分けすることができる。

また、永久的に使える無料ソフトというところもポイントが高い。無料ソフトをダウンロードしたことがある方ならば経験があると思うが、
無料の期間を限定したものであったり、実際に使用する際には有料バージョンを購入しないと使い物にならなかったり、広告が鬱陶しすぎて使いたくないなどよくある。
しかしこの「MiniTool Partition Wizard」はいつまでも同じ機能を快適に無料で使うことができるおすすめソフトである。

partitionwizard11 ↑
ディスクベンチマーク画面

もちろん無料版だけでなく有料版に関してはさらに踏み込んだ便利な機能を備えており、こんなことが出来たら良いなと考えられることはすべて出来てしまうであろう。有料版を購入するにしてもまずは無料版で操作感を試していただきたい。良さがわかるはずだ。

ダウンロード

「MiniTool Partition Wizard」は色々なところからダウンロードが可能であるが、インターネット上には様々なウィルスが仕込まれた悪質なものが多いため、どこから落とすのかも非常に重要だ。
できれば公式サイトから落とすか、下記のような信頼できるダウンロードサイトからゲットして欲しい。

(公式サイト)
https://www.partitionwizard.jp/free-partition-manager.html
(Vector)
https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se492191.html
(窓の杜)
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1044529.html
(フリーソフト100)
https://freesoft-100.com/review/minitool-partition-wizard.php