nVIDIAのグラフィックドライバーが応答を停止した際の改善方法

こんにちは、かずやんこ(kazuyanko)です。

GeForceのチップが搭載されたグラフィックカードをデスクトップパソコンに取り付けている方は、このようなエラーを経験したことはないだろうか。
「ディスプレイ ドライバーの応答停止と回復」
これは、その名の通りドライバの不具合により一時的にフリーズし、Windowsの機能で回復したというもの。

グラフィックドライバーが応答を停止した際の対処

ゲーマーやビジネスでパソコンを使用している人にはかなりイラつかせてくれるこの症状。私も何度か発生し、非常に困ってたのである。一時的にフリーズを起こしたり、画面が暗くなったり、マウスカーソルがどこかへ行ってしまったりする症状だ。

改善策はズバリ。グラフィックドライバを最新のものにする!

WindowsOSを再インストールしたり、リカバリすることが可能なのであれば、ハードウェアの故障なのか、ソフトウェア的な問題なのかを一発で見抜くことができるため、それに越したことはないが、様々な設定やソフトウェア、各データが消えてしまう為、できれば最後の手段にしたいところ。

もちろん取り付けられているグラフィックカードとOSの種類によってドライバは変わってくるために、OSの種類(例:Windows7 Professional 64bit)と、グラフィックカードのチップ名は調べておく必要がある。これさえ判断できれば下記サイトにてドライバをダウンロードし、インストールを行えば良い。

できればWindows Updateも同時にすべてやっておくのが良い。
ドライバを最新にしても改善しない場合には、Windowsの不具合や、グラボ自体の故障、内蔵メモリエラーの可能性も考えられるが、まずはドライバから疑ってみるべきであろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク