ホグワーツ城(USJ) | 偽物とは言わせない完成度、存在感に満ちた城は圧巻の迫力

こんにちは、かずやんこ(kazuyanko)です。
今回はUSJにあるホグワーツ城。

誰もが耳にしたことのある映画の一つである「ハリー・ポッター」シリーズの主人公達が通う学校の名前がホグワーツ魔法魔術学校であり、詳細については特に説明は不要だろう。

ホグワーツ城01 
USJの中でも最高なのではないかと思う景色

世界的大ヒットのこの物語が嫌いな人は少ないのではないだろうか。私もファンの一人であり、シリーズのブルーレイをすべて所持しており、部分的に見返したりしている。

USJハリーポッターエリア

大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)にハリーポッターのエリアが完成したことはもちろん把握していたが、なかなかこの歳になると、すぐに行ってみようではなく、ほとぼりが冷めた頃を見計らって行ってみようという気になるものだ。かなり当該エリアのオープンから日数が経過したが、やっと行くことができたので少しだけレビューさせていただく。

本物さながらのUSJホグワーツ城は圧巻

快晴の土曜ということもあり、エリアへの入場制限がお昼ごろにかかり、ゲットした整理券の時間は夜19時という状態であったが、結果的に日没後に訪れて良かったと思えたのだ。

ホグワーツ城02 
ロンの車。いや、ロンのパパ(アーサー・ウィーズリー)の車

映画ではもちろん日中の場面もあり、ハリー達がホグワーツに入学する際に魔法道具を購入する「ダイアゴン横丁」(ホグズミード村)のシーンが好きな方はお昼のほうが雰囲気が出るのかもしれない。

ハリーポッターエリアの入場は日没後がおすすめ

私が訪れた時間は完全に日没しており、エリア内から入口を目指すまで少し歩かされるのであるが、調度良い暗さに調整されているし、ロンが乗っていた自動車がライトをつけた状態で置いてあったり、どんどんハリーポッターの世界へ引き込まれていくのが感じられたのである。
入口の門にたどり着いた際には物語の世界に入り込んでしまっていた。

ホグワーツ城03 
物語の国に入る門

門をくぐると蒸気機関車ホグワーツ・エクスプレスが機関士さんとともにお出迎え。その先には魔法の杖やヘドウィグ(フクロウ)を購入した店が映画さながらに再現されたダイアゴン横丁がある。

ホグワーツ城04 ↑
キングスクロス駅の9と3/4番線から乗車できます

日本の遊園地の中とは思えない景観である。夢の中のようなふんわりとしたライトアップがたまらない。そのダイアゴン横丁の奥にはもうホグワーツが見え隠れしている。

ホグワーツ城08 
来場者が魔法使いに見えてくる風景

大繁盛(かなり混んでいた)のダイアゴン横丁の店の間を吸い込まれるように奥まで歩くと青い照明に照らされたホグワーツが目の前に現れた。あまりの迫力、完成度にそれまでの気分の高まりと相まって目頭が熱くなるのを感じるほどであった。

ホグワーツ城12 
ショーがあるホグワーツ前は大混雑

その後、プロジェクションマッピングを駆使したすばらしいショーが開催され城の色が変化したりし、歳がいもなく、もう完全に魔法にかけられていたようだった。
このあたりは日中ではなく日没後に訪れたほうがキレイに見られるのではないかと思う。
ホグワーツ城05 
空に浮かぶ雲までもがセットのよう

ハリーポッター・ライドアトラクション

涙が出るほど楽しかったのだが、最後に一つ失敗をしてしまった。ホグワーツ城内にあるライド・アトラクションに乗ってしまったのだ。

ホグワーツ城14 
照明により表情を変えるホグワーツ城

かつてUSJでこれもまた大好きな映画であるバック・トゥ・ザ・フューチャーのライドアトラクションに乗り、その後何もできなくなるほどの酔いに襲われた経験があったにも関わらず、せっかく訪れたのだから一回ぐらい挑戦してみようと思ったのが間違いであった。

ホグワーツ城001 
ホグワーツ城内へは、ライドに乗らない人も中に入ることができるようだ

降りた後は、しばらく立ち上がれないほどの気持ち悪さに襲われ、その後一時間以上何もせずにベンチに座っていた。乗り物酔いをする方や体調の悪い方は、ライドをあきらめるか、酔い止めを必ず服用することをおすすめします。半端ないです!

ホグワーツ城9 
各種フクロウ揃ってます

もちろん酔わない体質の方達は、これまた泣くほど楽しそうにしていたのは言うまでもない。
USJさん、ぜひ乗り物に弱い人用にも作っていただけないでしょうか(切実)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク