WordPressサイトをPHPバージョンアップで快適な閲覧環境へ

記事をシェア

こんにちは、かずやんこ(kazuyanko)です。

今回は、WordPressサイトのPHPバージョンについて。

PHPバージョンアップ1 ↑
お馴染みWordPress管理画面。PHPの警告が出ている

PHPのバージョンアップでブログ速度を改善

PHPとは、プログラム言語のひとつであり、ご存知の通りWordPressで作成されているHPについてはこのPHPで構築されている。このPHPは定期的に最新版へバージョンアップがされており、HPの動作速度へも絶大な影響を与えているのだ。

レンタルサーバーにてHPを作成されている方は、WordPress自体のバージョンであったり、プラグインの更新を行っているかと思われるが、PHPのバージョンについても気にしなければならない。

PHPバージョンアップ2 ↑
サーバー側の管理画面。PHPのバージョン切替ボタンがある

当サイトもかなり長い期間バージョンアップを行っていなかったために、WordPressから更新の催促が来ている状況であった。そこで今回PHPのバージョンを、PHP7.0からPHP7.4へ更新を行ったところ、スマホ上での動作もかなり快適になったのだ。ページの更新にもたつくこともなくスパッと画面が切り替わるため、ページの離脱を抑止する効果も期待できるのではないだろうか。

PHPバージョンアップ3 ↑
サーバー側のPHP更新画面。変更後のVerを選択し変更ボタンを押すのみ

尚、PHPの更新はサーバー側で行う。万が一の事故を防ぐためにバックアップは確実に行い、サーバー側の操作を行うだけで更新されるため、大がかりな準備や作業は一切必要ない。HP管理者の方はぜひともやっていただきたい作業だ。

コメント

  1. 大分県下郷陽平町祭実行委員 より:

    いろいろホームページの作成について勉強中です。
    大変参考になります。
    更新楽しみにしております。
    大分県下郷陽平町祭実行委員会