簡単!Google Mapsをホームページやブログへ埋め込んでアクセスマップを表示

こんにちは、かずやんこ(kazuyanko)です。

多くの人がスマホやタブレットを持つこのご時世、昔のように誰もがわかりやすい地図を手書きしたりすることも少なくなっているであろう。
それはいつでもどこでも「Google Maps」や「Yahoo!地図」で確認ができるからである。
しかし、会社のページやお店を紹介するブログ、イベント会場へのルート等、住所を書いておけば誰もが検索できる環境にあるために問題はないのだが、住所から検索をする手間や、ページを見た瞬間に、「あ!この辺りなんだ」と思わせるようなビジュアル効果については昔のように地図を掲載しておく必要がある。
そのような方向けに「Google Maps」は簡単に地図をホームページやブログへ掲載できる機能があるのだ。

Google Mapsをブログへ埋め込む方法

前置きが長くなったが「Google Maps」の埋め込み方法はほぼ3ステップで完了する。

グーグルマップ1

1.まずは表示したい場所をグーグルマップで検索し、表示したい縮尺にしておく。

2.左上のメニューから、「地図を共有または埋め込む」を選択

3.「地図を埋め込む」タブを選択し、表示されたコードをすべて選択コピーし、表示したいホームページやブログへ転記

グーグルマップ2

もちろん表示する際の大きさは、自由に変更することが可能だ。また、Googleにログインをする必要もないというところが使いやすい。ぜひお試しあれ。

最後に、ステップ3にて「地図を埋め込む」を選択したが、「リンクを共有」というタブもあり、メールやLINE、ツイッター等で地図を共有したいときにはここのURLをコピーして貼り付ければ良い。URLを張り付ける際には「短縮URL」のチェックを入れておくとスマートだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク