Googleアドセンス | 「スポンサーリンク」や「広告」のラベル表示は必要なのか

記事をシェア

こんにちは、かずやんこ(kazuyanko)です。
今回は”Google Adsense”広告のラベル表示設定について。

グーグルアドセンス ↑
お馴染みグーグルアドセンスの管理画面

ブログを運営されているほとんどの方は、グーグルアドセンスにて収益を得ている、又は収益をあげたいと考えているだろう。アドセンスはポリシーに違反すると漏れなく広告が非表示になったり、アカウントが凍結されたりするため、広告の表示には神経を使うのが通例だ。

様々な設定が必要だが、広告にラベル(表題・タイトル)が必要なのかどうかというポイントは誰もが迷うとこだろう。

スポンサーリンクや広告の表示は必要なし

結論を言うと、表示の必要は「なし」である。ブランクで良いのだ。

なぜこの表示で迷うのかというと、<もっと収益をあげたい>からだ。広告やスポンサーなどの文言が入ったバナーを目の肥えたスマホヘビーユーザーがクリックしてくれるとは到底思えない。広告が目立つページは最悪の場合、サイトから離脱してしまう恐れさえある。

筆者自身、ポリシーだから仕方ないとずっと表示を続けていたのだが、グーグルのポリシーを良く見てみると、
”AdSense の広告ユニットには、「広告」と「スポンサーリンク」のいずれかのラベルを表示できます。”
と書いてあるのだ。

表示しないとダメですよとは書いてないのだ。そもそも自動広告にはラベルがないのだ。

そこに気付きラベルを外したところ、クリック率が上昇したのである。もちろん広告なのかどうか判断がつかずにクリックしてしまった。又は手がすべってクリックしてしまった等のケースが考えられるが、クリック率が上がったのは事実だ。

無料ブログ等では設定できない、又は他の広告が多く意味がない可能性があるが、レンタルサーバーで運用している方ならば一度変更し、変化を見てみるのもありだろう。

尚、よく「スポンサードリンク」等と間違って表示しているブログを見かけるが、これは逆にポリシー違反とみなされる可能性が高い。

グーグルポリシーでは下記のようにも書いてある。このようなラベル表示をされている方はすぐに変更が必要だ。
”次のような表現を使用して、広告をクリックするようユーザーを誘導することはできません。
「広告をクリック」
「広告をクリックして、チャリティ活動に募金」
「スポンサーをチェックして、サイトの運営にご協力を」
「新しいサーバーが必要です。ご協力をお願いします!」”

最後に、アドセンスで収益をあげている方ならばもちろんご存知かと思うが、サイトの広告を自分でクリックすることは、当然ポリシー違反であり、すぐに広告表示停止、アカウント凍結がなされるので注意しよう。