kazuyanko一覧

WordPressのプラグインを使用しブログをPWA対応させアクセス向上へ

グーグルがちからを入れだしていると噂されるPWA(Progressive Web Apps)。簡単に言うと、モバイル端末でサイトを見た際に、アプリで開いたかのように使える機能だ。ホーム画面にアイコンを追加、プッシュ通知の機能、UXの向上、ユーザーエンゲージメントの改善等の可能性がある。

エクセルを使用中、方向キーでカーソル移動されずに全体がスクロールする症状を改善

通常エクセルを使用中、キーボードの矢印キー(方向キー)を押すと選択されているセルを示すカーソルが上下左右に移動していく。しかし突然、矢印キーでセルが動かなくなり、エクセルのシート全体がスクロールされるような動きをする場合がある。これはほとんどぼ場合、スクロールロックがかかっている状態である。

淀城 | 戊辰戦争の初戦である鳥羽・伏見の戦いにて登場することとなった淀藩の城郭

豊臣秀吉が茶々に与えた城とは別である第二の淀城は、明治4年に廃城となるまで250年近く大名家の居城として使用されていた城郭である。現在の遺構は石垣や堀のみとなるが、築城時は連立式望楼型5重5階の立派な天守があった。街中にある小さな城郭でここまでよく残っているのは珍しいのではないだろうか。

格安ロードバイクを購入しても、結果的に出費を重ねる結果になる可能性を覚悟しなければならない

ロードバイクをを趣味にしたり、ロングライドやヒルクライムなどを皆で存分に楽しみたいという場合、結果的に良いモノが欲しくなってしまうということを覚悟するべきである。初心者であっても、見た目、ブランド、重量、コンポ等が満足のいくレベルが装備されている車体を当初から購入するのが結果的に安くつくのかもしれない。

自転車(シティサイクル/折り畳み等)のグリップシフト(変速器)は自力で交換

自転車が故障した場合、通常は自転車店に持ち込むのが当たり前であろう。しかし、特殊な工具が必要である部分ではないため、自分で修理をしてみるのも案外悪くない。自分で直すメリットとしては、自転車店まで運ぶ手間を省くことができるのは言うまでもないが、何といっても工賃等のコストを抑えられる。

彦根城 | ひこにゃんが迎えてくれる国宝天守のみならず現存の櫓や門など見応え十分な城郭

子供にも大人気のご存知ひこにゃんが迎えてくれる国宝に指定されている現存天守は、小ぶりに見えるが、白い壁に華頭窓が多用された上層部分とともに、破風の説明をするにはもってこいと言わんばかりの様々な破風の組み合わせを取り入れた、一度訪れた人ならば他の城との区別がすぐにつく特徴的な外観だ。

岐阜城 | 岐阜の名を付けた信長が世に権力を見せつけるべく築城した難攻不落の城郭

斎藤家が城主としていた稲葉山城を織田信長が攻略し、小牧山城から移った際に地名を「岐阜」と改めたことで有名。遺構は石垣や曲輪、土塁、堀切等があるが、信長時代のものは非常に少ない。1956年(昭和31年)7月に建てられた望楼型3重4階の鉄筋コンクリート製の復興天守はかなり立派な作りとなっており眺望は格別である

小谷城 | 近江を制する者は天下を制すと言われる所以となった浅井家三代の居城

小谷城は古くから浅井家の居城としていたが、築城年は正確な資料がなくはっきりとしたことはわかっていない。三姉妹が肩を並べて見た琵琶湖の風景、妻子を残して自刃することとなった武士の無念など、名だたる戦国武将が必死になって攻め落とそうとしたこの城は、数少ない遺構だけで十分すぎるほど我々に伝えてくれている

清州城 | 清州会議でも有名な織田信長公天下布武の出発点となった城

織田信長がここから桶狭間の戦いへ出陣したことや、信長と徳川家康が手を組んだ清州同盟、本能寺の変の後、後継者を決定する清州会議が行われた城として非常に有名な城郭である。遺構がほとんど残っていない幻の城とも言える清州城であるが模擬天守にはゆっくり楽しく見物ができるよう工夫がされているおすすめの城郭だ。

GoogleのURL短縮サービス「goo.gl(Google URL Shortener)」が匿名利用終了!2019年には完全終了へ

メールやSNSでURLを誰かに伝えたりする際に非常に便利な機能である「Google URL Shortener」がサービスを終了する。匿名利用では2018年4月13日までに使用ができなくなり、ログインを行った状態でも2019年3月30日をもって完全に使えなくなる予定だ。ただし既存のURLはそのまま利用できる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク